macbook

【MacBook Pro 13】注文から届くまでを細かく追ってみる【ローンで購入】

macbook pro 13

MacBook Pro 13インチを購入した

ついに購入してしまったMacBook Proの13インチ!

「学生価格で購入できるうちに購入はしておきたい...」
「大学院に進学したからあと2年のうち,いつ買うべきか...」
「でも快適な環境は今すぐ欲しいよなあ」
「ほーん,今なら24回払いが利子0%なのか」
「大体¥1,1000/月か,悪くない」
むしろ今買って,快適な大学院生ライフをすぐにでも得たほうが良いのでは!?

と思い立って購入に至りました.

これからMacBookについての記事を書きたいんですが,その前に 注文から届くまで を細かく追ってみようではないか!と思い立ちこの記事を書いています.

参考になれば幸いです.

購入

学生価格のApple製品をローンを組んで購入する場合,電話注文となります.

まずは,Apple Storeの学生・教職員向けストアから欲しい商品をカスタマイズします.
学生・教職員向けストア

 

上部に「学生・教職員向けストア トップページ」と書いてあれば対象商品は学生価格で表示されるようになります.

そこで,「バッグに追加」→「バッグを確認」を進めると,

学生ローン

のように下部に「学生の方でショッピングローンをご検討の場合はお電話でお申し付けください(0120-994-994)。」とあるので,このフリーダイヤルに電話するわけです.

 

すると最初は機械で対応してくれて,お問い合わせのジャンルが絞られると,オペレータの方が丁寧に対応してくれます.

そこで,型番やカスタマイズを伝えて注文してもらう という流れになります.

他に聞かれることは,AppleID(メールアドレス)や学生番号などの学校情報です.

 

注文内容の確認

オペレータの方が注文を確定してくれると,先のAppleIDに以下のようなメールが届きます.
macbook pro注文確認

 

このメールの下部に自分が指定した製品情報が載っているので,間違いがないか確認するように,オペレータに言われます.

間違いが無ければ,あとは「支払い手続きへ」からローンの手続きをします.

ここで,オペレータの方との通話は以上になりますので,バッグから商品を削除するように言われます.

 

ということは,多分「バッグに追加する」作業は,フリーダイヤルを分かってれば必要なさそうですね.

 ローンの手続き

ローンの手続きはAppleではなくオリコ Oricoで進めることになります.

先のメールの「支払い手続きへ」を押すとオリコのページにリダイレクトされるので,流れに沿って必要事項を記入していきます.

審査に落ちることは滅多にないでしょう.

すると,オリコから立て続けにメールが届きます.
macbook pro学生ローン

 

macbook pro学生ローン

 

macbook pro学生ローン
なんと申込完了から審査完了まで一瞬で終わりました.

注文完了

ここでやっと注文が完了しました!

macbook pro 学生ローン
あとは発送を待つのみです.

また,数日経ったらオリコから入力した住所にローンの口座設定に関するハガキが届きます.

このハガキ(もしくは記載されているQRコードで開けるページ)に必要な講座情報を記入します.

この際,このハガキはappleとはもう関係ないのでハガキが届いてなくても着々とMacは組み立てられていますので安心してください.

発送

注文完了から3日後,発送したとのメールが届きました.

apple製品の組み立ては上海だそうで,上海からの発送です.

このときから荷物のトラッキングが可能になります.

macbook pro 発送

到着

macbook

 

そして無事に到着しました!

前に使っていたPCと比べてずっしりと重い印象を受けました.

 

でもさすがApple製品,クールなデザインです.

最初のセットアップについてはまたいつか記事にまとめようかな...

 

tracking macbook pro

 

最後に配達のトラッキングを載せておきます.

僕の場合は,上海の工場から出荷されて,日本に届くまで結構時間がかかりました.

ネットで同じような記事を見る限り,だいたいみんな一緒っぽいです.

おわり.

 

 


スポンサードリンク