mac mini

Mac miniの正しい買い方と使い道を考える【2020年版】

mac mini 2020

はじめに

最近,据置きのPCが欲しいと思って色々考えていたのですが,Mac miniってアリかも!と思ってこの記事を書きました.

なのでまだ買っていないです.笑

  1. 追記:買いました! 我が家にmac miniが来た【2020年】
  2. 追記:メモリ換装編 mac miniのメモリ換装とCPUベンチマーク【2020年モデル】

 

ちなみに筆者はMacbook pro 13 (2018)をすでに持っており,これと入れ替えるというわけでもなく2台持ちを考えています.

巷では「mac miniは高い」「mac miniはGPUが弱すぎる」「mac miniは中途半端」「mac miniはもはやmac mini proだ」なんて賛否両論がありますが,実際のところどうなんでしょうね.

本記事では,mac miniをできるだけ安く,そしてなるべく高性能なマシンにすべくどうするのが良いのかを考えてみました.

そして,「mac miniはどんな人が買うべきで,どんな人が買うべきではないのか」も考えてみましょう.

もちろん用途によりますので,「私の考え,使い方では」が接頭辞として付いていることをご了承ください!

Mac mini

macmini2

Macといえば,MacbookiMacが思い付きがちだと思いますが,Mac miniという選択肢があるのをご存知でしょうか.

いや,「そりゃMac miniくらい知ってるよ」という声もわかります.笑

一応説明をすると, 現在購入可能なmac miniは2020年初期にリニューアルされた比較的新しいモデルです.

スペックはmac mini(2018)と変わりませんが,全体的に安くなりました

Mac miniの用途は?

ちなみにMac miniはどんな用途に使うのでしょうか?

Mac miniの特徴としては,比較的値段が安いこと,本体のみでの販売であることが挙げられます.

それを考慮するに,以下のような人が購入対象となりそうです.

  1. Windowsをメインとして使っていて,サブでMacOSが欲しい人
  2. ディスプレイはすでにあって,本体だけ欲しい人
  3. とにかく安くMacOSが欲しい人
  4. GPUを酷使しないメイン機として使う人
  5. ファイルサーバなどサーバ用途として使う人
  6. Macbookと2台持ちにして利便性を向上させたい人
  7. あの小さなボディに精密機器が詰め込まれていることにロマンを感じる人

こんな感じでしょうか.

筆者も特にGPUを酷使する予定もないので,もし買うならば2台目のメイン機かつファイルサーバとして扱うと思います.

逆に,動画編集だとかでGPUを酷使する人は,周りの様子を見る限りやめた方がいいでしょう.

eGPUも不安定なようなので,GPU酷使マンは素直にMacbook pro 16インチかiMac 27インチを買った方が幸せになります

Mac mini (2020) スペック

ベースグレードを基準にCPUのみ変更した場合の値段を表にまとめます.

一応学生も見てるかもしれないので学生価格も載せますね.

CPUメモリSSD価格(税抜)学生価格(税抜)
1Intel Core i3-8100B @ 3.6 GHz (4 cores / 4 threads)8GB256GB82,800円80,800円
2Intel Core i5-8500B @ 3.0 GHz (6 cores / 6 threads)8GB512GB112,800円107,800円
3Intel Core i7-8700B @ 3.2 GHz (6 cores / 12 threads)8GB256GB112,800円107,800円

これにメモリを16GBにするならば+20,000円(税抜)です.

そして,SSDをワンランク上げるとすると,こちらも+20,000円(税抜)です.

ここまでくると,miniの良さが無くなってしましそうですね.笑

出来る限り10万〜13万程度に抑えたいところです.

じゃあどうするか.

メモリ

メモリについてはベースグレードの8GBのままで良いでしょう.

なぜならば,換装できるからです.

Apple公式では「やめてね」と言っていますが,実際に換装している人の動画や記事を見る限り,初心者でも結構安全にできそうなので,メモリはあとで自分でグレードアップするのが無難です.

ちなみに,特殊な工具やメモリを買う必要はありますが,それを踏まえても自分で変えた方が安いです.

ちなみに,色々調べて以下の組み合わせがなかなか良さそうです.

メモリはAmazonで執筆時点で17,170円,ツールキットは楽天で3,025円です.

つまり20,000円程度で,32GBにアップグレードできます!

結構ありですよね.

CPUを取るか,SSDを取るか

SSDについてが個人的には一番悩ましいポイントです.

SSDは基本的に容量が大きいほど読み書き速度が良いです.

しかし,SSDは足りなくなったら外付けを買えばとりあえずはなんとかなります.

しかしCPUはなんとかなりません,換装不可です.

本当ならば,CPUもcore i7でSSDも512GB以上にすればハッピーなのですが,ここまでくると高すぎます.

もうminiではありません,セミプロです.

もしどちらか一方を捨てなければいけない,と考えたときどちらをとるべきでしょうか?

もう少し考えてみます.

CPUのcore i5とcore i7

core i3の選択肢は私の持つmacbookの性能と変わらないので私の中では論外です.

ごめんなさい外して考えます.

この二つのCPUはどちらも6コアで十分な性能を持っています.

しかし,もちろん性能が良いのはcore i7の方で,それはスレッド数とクロック周波数にあります.

CPUクロック周波数コア数スレッド数
Intel Core i5-8500B3.0GH66
Intel Core i7-8700B3.2GH612

この違いがどれだけ作業に快適さをもたらすかはわかりませんが,長く使うならば断然core i7です.

また,core i5を選ぶと必然的にSSDは512GBが最低ラインとなります.

なので,CPUを取るか,SSDを取るかという選択になるのです.

まあともかく,どちらを取っても値段は一緒ですので,これは買う人の用途によるでしょう.

アプリ開発をしたければCPUを取れば良いし,ファイルサーバをメインとして使用するならばSSDを取れば良いのです.


筆者の結論と概算

私の場合,メイン機として扱って,かつファイルサーバとしても扱いたいのでCPUを取ります.

とりあえずかかる値段を概算してみます.

Mac mini本体 (core i7, 8GB, 256GB-SSD)112,800円
(税込: 124,080円)
学生価格 107,800円
(税込: 118,580円)
Crucial 32GB メモリ17,170円 -
iFixit toolkit3,025円 -
144,275円 (税込)学生価格 138,775円 (税込)

といった感じになります.

これで,第8世代core i7 + 32GBメモリ + 256GB SSDなんだから,悪くないと思います.

まあ私はまだ,今のmacbookを売ってmacbook pro 16にしようかな,という考えもあるんですが,今はとにかくmac miniにロマンを感じています.

mac2台持ちというのもなんだか玄人感ありますしね.笑

ちなみに,もし外付けSSDを買うならば以下のような組み合わせ等が考えられます.

ケースはちょっと相性はわかりませんが,数千円程度で買えそうです.

なので,16,000円程度で1TB SSDが確保できるわけです.

もちろん内蔵SSDに比べたらスピードは落ちますが,私は多分これで事足ります.

ともかく,もう少し考えて,何かしら購入したらブログ書きますね.

お楽しみに.

Mac mini まとめ

ここまでの話をまとめます.

メリット

  1. メモリが増設可能 (Apple非推奨)
  2. ディスプレイやキーボードなど余計なものがない
  3. ベースモデル(吊るし)が比較的安い
  4. CPUがノートPC向けではないので,差別化できる (pro 16インチのcore i9と比べるとやや劣るか)
  5. ロマン

デメリット

  1. GPUが弱い (なんだかんだでこれが一番大きい)
  2. ディスプレイ等ついていないので,iMacほどコスパはよくない

結局だれが買うべきなの?

  1. 動画編集などをあまりせず,CPU性能のみをある程度欲している人
  2. サーバ用途で使う人
  3. メインを他OSで,サブで (もしくはお試しで) MacOSが欲しい人

という感じですかね.

最初にも言いましたが,動画編集するならばiMac 27インチもしくはMacbook pro 15 / 16インチといった,GPU搭載モデルを買いましょう

そしてmac miniを買うべき人に値する人は,メモリは自分で増設することも視野に入れましょう.(強制はしていません笑)

 

👉【関連記事】mac miniのメモリ換装とCPUベンチマーク【2020年モデル】


スポンサードリンク