mac mini

mac mini 2020を2週間使ってみてのレビュー

mac mini 2020

はじめに

mac miniを買って約2週間,ここで一旦使用感などをレビューします.

👉 メモリ換装やベンチマークなど,mac miniの関連記事は mac mini

スペック

僕の購入したmac mini 2020は以下のようなスペック.

CPUIntel Core i7-8700B @ 3.2 GHz (6 cores / 12 threads)
メモリ32GB (8GBから自力換装)
SSD256GB

mac mini 2020 メモリ換装 ベンチマーク
(mac mini 2020でも表記は Mac mini (2018)なの少し気になるよね)

本体は学生価格で107,800円(税抜き),換装用メモリはツールと合わせて20,000円くらいでした.

合計で13万円くらいかな?

その様子は以下の記事を参照してください.

👉 mac miniのメモリ換装とCPUベンチマーク【2020年モデル】

全体的なレビュー

mac mini 2020

まずは大まかな所感から.

一言で言うと,とても快適です

ディスプレイの不具合もなければ,心配していたBluetoothやWi-Fiの不具合も今のところありません.

Chromeを使用していればYoutubeでの4K映像も何の遅延もなく再生可能です.

あと,やっぱり見た目がいいですね.

かわいいし,かっこいいです.

こんなに小さいお洒落なアルミの塊がハイスペックなんです,ロマンが詰まっているでしょ?

  1. 関連記事:LG 4Kディスプレイのスピーカー選び【TAOTRONICS】
  2. 関連記事:macbook pro 2018とLG 4Kモニターで快適な環境を構築する

細かなレビュー

まあともかく,もう少し細かく,各項目に分けてレビューを書いていきます.

あくまで僕個人の感想でありレビューなので,ご了承ください.

せっかくなので僕判断で5段階評価付きです.

CPU性能:★★★★★

これは全く問題ありません

先ほどYoutubeで4K映像再生の話もありましたが,CPUについてはさすが6 core / 12 threadsです.

Final Cut Proも使用してみましたが,思ったより遅延やカクツキはありません

まあでも僕の場合,単純な短い動画編集しかしないので何とも言えませんが...

プログラミングも速度比較などは行っていませんが,IDEがカクついたりフリーズすることもありません

ちなみにIDEはJetbrains製のIDEを使用しています.

CPU性能が6 core / 12 threadsと高性能なのでこの恩恵は大きいと思います.

もしcore i3にすれば4 core / 4 threadsですので,ここまで快適にはならないでしょう.

ちなみにGeekbench 5のスコアで比べてみるとこんな感じ.

まずはMacBook Pro 13 (2018)とのGeekbench 5スコア比較

Mac mini 2020 - macbook pro 13

おまけで,2015年くらいから使ってたdynabook kira V73というノートPCとの比較

Mac mini 2020 - dynabook kira v73

dynabookも当時10数万で購入した,そこそこな高スペックノートだったのですが,ここまで差が出るんですね.

まあ,比べる相手が第5世代のノートPC用の低電力CPU core i7なので,当たり前っちゃ当たり前ですが.

でもmac mini 2020を謳うならCPUも第10世代のものにしてほしかったよね,という気持ちもある.

ファンの静粛性:★★★★★

これは,とても静かで快適です.

Youtubeで4K動画を視聴しているときは,すこしだけファンの音がします.

あとは動画エンコード中やそれ以外の時は,ほとんど無音です.

ただ,mac mini 2020 本体を触るとちょっと熱かったりはします.



グラフィック性能:★★★☆☆

これは,正直GPUを酷使することがないので評価しづらいのですが,僕の普段使いであれば問題ないです.

ただ,動画のエンコードはやはり遅いと思います.

しかし,先ほど書いたように短い動画しか編集しないのであれば,問題ないでしょう

CPUがcore i5 か core i7ならそれなりに動画編集はできます.

ゲームについては試していませんが,Minecraft程度なら,MacBook pro 13でもできるのでmac mini 2020でも大丈夫でしょう.(また試したら記事書きますね)

取り回しの良さ:★★★★☆

これはさすがmac miniといったところ.

mac mini本体がコンパクトが故に配置を手軽に変えることができる,という取り回しの良さもありますし,Thunderbolt 3などのポート類も豊富です.

わたしはSteinbergのオーディオインターフェースをUSBで使用していますが,MacBookと違って変換ハブが要らないのは良いですね.

そういえば,mac miniの底部は滑り止めになっているように見えますが,そんなことはなく,少し触っただけで動いてしまうのは少し残念です.

mac mini 2020

そういえば,USB3.1のノイズ干渉問題が度々mac mini界隈では問題になっていますが,僕は今のところ遭遇していません.

オーディオインターフェースがUSB2.0接続だから?

それともオーディオインターフェースとmac miniが離れた場所に置いてあるから?

ちょっとわかりませんが,問題ないので良しとします.

自分の買ったスペックについて

さいごに,僕の買ったmac miniはベースグレードからCPUをcore i7にしただけなんですが,本当にこの選択が正しかったか?,と考えてみます.

答えとしてはYesです.

多分,core i5と512GB SSDの組み合わせでも良かったのですが,どちらにせよコスパは良かったと思っています.

メモリ換装を自分でやらないのであれば,コスパはかなり落ちるんじゃないかなと思います.

mac mini 2020を買うならば,「僕は」メモリ換装をお勧めします.

メモリ換装は以下の組み合わせがオススメ 👇

 

おわりに

うーん,mac miniの使い心地はこれで伝わるんだろうか.

とりあえず今後はmac miniブロガーにでもなろうかな,途中で面倒臭くなっちゃいそうだけど.

結論としては,mac miniって意外と選択肢としては全然アリだよ!ってことを伝えたい.

特に,パソコン好きな人ほど手にとって欲しい.

Apple大好きマンはiMacを選んで,パソコン大好きマンはmac miniを選ぶ,って感じになるのかなー.

iMacはRadeonのGPUが積まれているから良いですよね,一概に比較できないかも.


スポンサードリンク