PC全般

プログランミングはMacが良いのかWindowsが良いのかを考える【それともUbuntu?】

mac_windows_ubuntu

はじめに

新しいPCを買うとき,プログラマーとして一歩踏み出そうというとき,大体の人がWindowsとMacどっちがいいの?という疑問に打ち当たる.

もしくは,Mac欲しいけどWindowsの方が使い慣れているし,今から違うOSに変えるのもなあ,という人.

そんな方達に僕の考えをつらつらと書こうと思います.

何番煎じかわかりませんが,まあ誰かの参考になれば嬉しいな.

あと,この記事はパソコン (プログラミング) 初心者〜中級者向きになるかと思います.

 

ちなみに結論から言うと「なんでも良い」です

ただ一長一短がありますので,この記事はその解説です.ご了承ください.

筆者について

ちなみにこの記事を書いている僕は,執筆現在は現役の大学院生で,情報工学系の専攻です.

専門は人工知能系でニューラルネットワークです.

そしてWindows,macOS,Ubuntuの使用経験がありますので,それぞれのメリット・デメリットがそれなりにわかります.(多分)

現在はmacOS (個人用) とUbuntu (研究用) がメイン

同じLinux系のCentOSとかはよく知りません.

プログラミングとしてはC++とかPythonとかJavaをよく書いています.

それぞれのOSの特徴をまとめる

こういう記事って,文字が多くてみる気失せると思うので,最初に全て一気に表にまとめます.

WindowsmacOSUbuntu
プログラミング全般
機械学習
ターミナルの使いやすさ
Androidアプリ開発
iOS, iPadOS, macOSアプリ開発
初心者向きか
安定度
ソフトウェアの豊富さ
コスパ
スタバで自慢できる度×

ざっとこんな感じ.

かなり個人の偏見もありますが,あくまで僕の感想なので,参考程度に.

それでは,つらつら書いていきます.



プログラミング全般

まずは,プログラミング全般については,どのOSでも良いです.

個人的にはディレクトリ構成がUNIX系の方が好きなので,macOSとUbuntuの方が好きですが,情報社会の今はたくさん先人の知恵がネット上にあるので,Windowsでも問題ないでしょう.

ただ,サーバーサイド開発や組み込み開発では,UNIX系のOSを使うことがよくあるので,そう意味では早いうちにUNIX系のOSの扱いに慣れておくことも良いでしょう.

ですが,いずれのOSでもC++もJavaもPythonもRubyもPHPも使えます.

IDEもだいたい全てのOSに対応してくれています.

ただWindowsでSwiftは使えないに等しいでしょう.

機械学習

これは,個人的にはUbuntuが有意かと思います.

UNIX系でなおかつNVIDIAのGPUサポート (CUDA) があります.

次点でWindowsです.WindowsもCUDAが使えます.

もし,GANとか物体検出とか高度な機械学習を学びたい,運用したいのならUbuntuかWindowsの二択です.

macOSは,AppleとNVIDIAが仲直りしない限り,機械学習にはお勧めできません.

深層学習をやらないのであればmacOSでもいけます

いや,正確にはmacOSでも深層学習できますが,GPUの力がないと学習が全然終わりません.

GPUの恩恵がないと物によっては数週間かかると思います.

機械学習をやるにしても,要はGPU (CUDA)を使うかどうか,なんです.

単純な大小関係で書くなら, Ubuntu > Windows >>>> macOS って感じ.

でも,個人で機械学習をしたい人ってどのくらいいるのかね.

ターミナルの使いやすさ

これはmacOSとUbuntuが有意です.

これは人によるのですが,Windowsも使いにくいというわけでもなく,単にUNIX系のコマンドがデフォルトで使えるかどうかです.

WindowsにもWSL (Windows Subsystem for Linux) が登場して,Ubuntuと同じようなことができるようになりましたので,今の時代どっちでもよいかな,とは思います.

ただWSLは初心者向きではないかなー.

Androidアプリ開発

これはどれでもいけます.

ただ,UbuntuでAndroid開発をするという話はあまり聞きませんね.

使い心地はよくわかりません.

言えることは,どのOSでも開発が可能である,ということ.

iOS, iPadOS, macOSアプリ開発

これはmacOSでしか無理でしょう.

Windowsでも頑張ればできるっぽいですが,どうやら相当面倒くさそうです.

これらのアプリ開発をしたければ素直にmacをどれか書いましょう.

初心者向きか

これは,いろんな意見ありそうですが,僕個人的にはmacOSが有意かと思います.

というのもmacOSは直感的に使いやすいです.

ソフトウェアを新しくインストールするのも超単純です.

パスを通すことも基本的には必要ありません

これはUbuntuもそうですが,これらのOSはパッケージ管理がとても便利で優秀なので,最初は戸惑っても長い目で見れば,かなり使い勝手が良いOSだと思います.

また,macOSではBoot Campというソフトウェアを用いてWindowsやUbuntuも動作させることが可能です.

安定度

これは評価が難しいですが,とりあえずUbuntuにはよく悩まされます

「え,なんでそうなった?」「え,フリーズした...」「日本語が打てなくなった」とかよくあります.

まあ,かといってWindowsもmacOSも安定しているとは言い切れません

WindowsとmacOSを比べると,甲乙つけがたいですが,WindowsはOSアップデートで不安定だし,macOSはよくハードウェアとの連携がうまくいかない時があります.

macはディスプレイが不調だとか,キーボードが不調だとかそこそこあります.(キーボードは今はマシか?)

ちなみに,メンテナンスのしやすさであればmac系はボロ負けです.

ソフトウェアの豊富さ

これはWindowsでしょうね.

ゲームにしても,業務用ソフトにしてもWindowsの方が豊富なイメージがあります.

ですがコアなソフトでない限り,だいたいmacOSやUbuntuに対応しているので,事前に調べましょう.

コスパ

これはUbuntuですかね.

なんたってUbuntuはOSが無償ですし.

mac系は性能と値段で考えれば,コスパ最悪だと思います.

mac系はデザインやハードとOSの親和性で大きなメリットがあるので,性能と価格だけでみるのはナンセンスですかね.

WindowsもハイエンドモデルノートPCだとか,BTO (業者組み立て済) デスクトップマシンになるとコスパは悪い気がします.

スタバで自慢できる度

これはネタではありません.笑

僕はAppleさんのデザインセンスは好きです.

見た目が綺麗でかっこいいと,使っていて心地が良いですし,大切にしたくなります.

見た目は超大事な要素だと思います.

最近はWindowsノートも,appleデザインに寄せたものや,かっこいいものが増えてきたので,良いですよね.

そしてWindowsノートは,選択肢が豊富なのは大きなメリットですね.

ちなみにUbuntuは,そもそもノートPC向きだとは思っていないので,もしスタバで使っていたらある意味,頭がおかしくてかっこいいです.(褒め言葉)

結論:魅かれたものを買って

OSなんて一長一短です.

結局は,予算内で自分が魅かれたものを買うのが良いです.

あとは,自分何をしたいのか.

今回は各OSが,できること,できないこと,得意なこと,そうでないこと,をまとめただけの記事に過ぎません.

そして,新しいOSを使うときに「慣れ」を気にする人がいますが,今の時代どのOSも基本的には使いやすいのですぐに慣れます

余談

もし,iPhoneやiPadを持っているのならmacOSをお勧めします

AirDropが便利すぎます.

iPhoneで撮った写真や動画を,macに送って編集,ということが秒でできます.

そして今,macを買うならMacBook Air 2020が良いと思います.(2020.04.30現在)

特に初mac 兼 メインノートPCとして使うならばAir一択です.

お金に余裕あるならMacBook Pro 16インチモデルですね.13インチは今はコスパ最悪です.

ディスプレイやキーボードを持っているのならmac miniも全然ありだと思います.

mac miniの紹介記事は 👉 Mac miniの正しい買い方と使い道を考える【2020年版】

 

おわりに

結局,結構な文字数になってしましました.

この記事はクオリティ低めです,ごめんなさい.笑

まあ,一意見として参考になれば幸いです.

おわり.


スポンサードリンク